HOME>ホットトピックス>売買の効率を考えた住まいの価値をチェック

資産価値という種類

成田市の不動産の種類は、海外も含めて様々にありますが、土地は23の地目の項目で分類されていて、宅地は国土面積の5%を占めています。成田市の宅地に建てられる建物は、住居や店舗だけでなく、工場、倉庫、車庫などもあります。市場に多いのは、一戸建てやマンションですが、物件を新しく建築したり、物件の用途を変更する不動産投資も注目を集めているともいいます。購入・売却するにしても不動産は資産価値に着目しなければなりません。資産を目減りさせないためには、値下がりしにくいことが重要です。ついの棲家だから関係ない人がいますが、ライフステージは変わるでしょう。住みやすく、価値が落ちない住宅を見つけるためにも、住宅性能や立地に対する評価価格が決め手なのです。

立地も様々

成田市の不動産とはいっても、中古物件の価格は立地が大きく影響するのが特徴です。良い立地は、広域と狭域に分けて考えますが、都心・近郊・郊外と、最寄り駅からというエリアの絞り込みがあり、損失が出にくいのは都心駅近です。

スペックの特徴

成田市という立地以外で、売ることを考えて不動産の取得するために注目すべき点はスペックです。中古なら、コンパクトタイプで、高層階に位置し、分譲時の価値が高かった住戸になるようです。中でも、ヴィンテージの名がつく不動産は地歴、建物のグレード、価値がしっかりあります。

広告募集中